iPhoneでピント合わせるのは簡単!ぼやけてしまう時の対処法もご紹介

  • LINEで送る

ぼやけてしまう時の対処法

レンズが汚れていないか確認する

出典:mobareco.jp

iPhoneで頑張っていい写真を写したつもりでも、何かそこにはありえない謎の物体が写ってしまったり、あるいは一部分だけボヤけたり霞がかった写真になってしまう事もあります。その原因は大抵の場合iPhoneのカメラレンズにゴミや汚れが付着している事で、大抵はスマホカバーなどつけていてもカメラ部分はむき出しですから、仕方の無い事です。

普段ちょっと気がついた時でも、ブロア(空気の入った風船のようなものを押してエアを飛ばす手入れ具)やエアスプレーで、レンズ表面を傷つけないよう表面のホコリやチリなどを飛ばしましょう。その後は100均のメガネ拭きなどでも構いませんから、クリーニング用クロスやセーム革など、表面がしっとりして柔らかいものでゴミを拭き取れば完璧です。

再起動してみる

出典:link-man.net

ここまでの対処法でもピントが合わない場合は、カメラセンサーのオートフォーカス機能に何らかの不具合がある可能性があります。狙った被写体以外に、例えばもっと遠くの、あるいは近くの被写体にピントを手動で合わせられるか、あるいはロックができるか試してみてください。

それで全くピントが合わない、あるいはどこかにピントがロックされていて、解除できないなどの場合は、iPhoneの再起動がまず一番です。これだけで直ってくれればいいのですが、ダメな場合は少し面倒になります。

データの復元か初期化を試す

出典:imgc.appbank.net

再起動でも直らない場合は、カメラセンサーではなくアプリの不具合の可能性もあります。カメラが起動しなかったり、途中でフリーズしたり落ちたりする場合は、iCloudやパソコンにiTunesでデータのバックアップを取ってから、「初期化」か「復元」を行うと直る場合もあります。

当然その場ですぐできる事ではないので、時間のある時にでも作業してみましょう。「初期化」だけだと単純にiPhoneが工場出荷状態になってしまうのでデータも何もかも消えてしまいますが、「復元」なら大丈夫です。

一応上級者向けの作業とはなっていますが、マニュアル通りにやればそう難しい事でも無いので、落ち着いて作業をしてください。それでもどうにもならない場合は、本体ハード側の異常と考えて、アップルストアのケアセンターに連絡しましょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る