iPhoneでピント合わせるのは簡単!ぼやけてしまう時の対処法もご紹介

1817

昔ならカメラと言えばデジカメでしたが、最近はiPhoneなどスマホひとつで立派な写真が撮れるようになってきています。しかしそれでもコツというものはあるもので、ここではピントの合わせ方をご紹介します。

基本はタップでピント

出典:image.news.livedoor.com

専用アプリがなくても基本的には大丈夫

iPhoneの標準カメラアプリもサードパーティ製アプリに負けず劣らず高性能で、わざわざ専用アプリをインストールしなくても必要十分な性能を持っています。その最たるものが手動でのピント設定で、標準カメラアプリを起動してiPhoneを構え、画面上でピントを合わせたいところをタップするだけです。

タップするだけはとても便利

何もしなければ画面中央に写っているものにたいして自動でピントを合わせますが、たとえば中央にあるものより後ろにピントを合わせたい場合もあると思います。あるいは、ちょっと芸術的にしてみようと、あえてピントを合わせない事もあるでしょう。それに対して「ただタップするだけ」でピントを合わせられるのですから、とても便利です。

ピントを手動で固定しよう

出典:panproduct.com

手動でピントを合わせられる

さらに、手動でピントを合わせておけば、その後iPhoneを動かしてもピントはその対象物から動かないという「AE/AFロック機能」(AE:自動露出、AF:オートフォーカス)もあります。

ロックするときにロングタップ!

やり方は普通に手動でピントを合わせる時とほとんど変わりませんが、ロックする時にはロングタップ(長押し)するのです。そうすると、ピントを合わせた対象物をiPhoneの標準カメラアプリの方で自動追尾しますので、その対象が動いたり、あるいはiPhoneの方を動かしてもピントはその対象物に合ったままです。