iPhoneの誤動作が迷惑!設定変更で簡単に誤作動を防げる!

1812

そうなると、Siriは誰が命令していようと返事したり言われた事をやるだけの存在ですので、誤動作を誤動作として見破ったり、ユーザーにそれが正しい命令か確認したりはしません。そのため、Siriが勝手に電話をかけてしまうようなトラブルは後を立たないのです。

ロック中はSiriを切ろう

出典:korehalog.info

それを避ける根本的な方法としては、ロック中はSiriを切る事です。設定から「パスコード」をタップし、「ロック中にアクセスを許可」の部分に含まれる「Siri」をオフにすればOKです(デフォルトではONになっています)。Siri以外にも「Passbook」や「メッセージで返信」の項目もありますが、全てオフにしておいた方がいいでしょう。

ロック機能は何もさせないためにあるのですから、できる事が少ないに越した事はありません。iPhoneは特にタッチパネルの性能が優れすぎているといっていいほどなので、ちょっとした事でsiriが起動してしまう事は避けるべきでしょう。ロックしたままでも音声でアレコレと命令できるSiriは便利ですが、誤動作を避けようと思えば致し方ありません。

他にもある誤動作

出典:xn--cckep9ovf.com

タッチパネルが敏感がゆえの誤作動

現状であまり古いバージョンのiOSを使っている人はいないと思いますが、iOS7へのバージョンアップで、通話中に音声が突然スピーカーに切り替わる誤動作がありました。通話中に関しては耳や頬でタッチパネルに触れて通話を切ってしまったり、タッチパネルが敏感なゆえの誤動作も多くなっています。

磁石を使ったレンズには注意

また、充電中にiPhoneの操作ができなくなったり、磁石で取り付けるタイプのレンズを使って画像を撮影していたところ、その磁石の磁力でカメラが故障したり誤動作を起こすケースもあります。特にiPhone6のカメラは磁石に弱いので、サードパーティー製のレンズを使う時は取り付け方法に注意しましょう。

タッチパネルそのものの誤動作も

出典:i.gzn.jp

また、タッチパネルそのものの不具合で、何もしていないのに勝手に操作されてしまう事もあります。アプリが勝手に削除されたり、勝手にブラウザを開いて変なリンクをタッチしてしまったりすると、後でビックリするような事も起きますから、もうそうなるとアップルケアセンターに連絡するしかありません。

ケアセンターを使って解決しよう

出典:ks.c.yimg.jp

アップルケアセンターに連絡する場合ですが、まず前提としてはiTunesを使ってバックアップを取っておく事です。その上で初期化してみて、不具合や誤動作が解決するかどうかを試してみましょう。どのみちケアセンターとのやり取りでも、初期化で問題が解決するかどうかは聞かれます。