iphoneのSIMピンを無くしちゃった!身近なおすすめ代用品まとめ!

SIMピン紛失の時の代用方法

「正式なやり方」で説明したとおりで、SIMピンそのものは先端にカギがついているなど特殊な形状では無いので、極端な話をすれば、直径1mm以下で硬い棒状のものがあれば代用できます。

安全ピン

出典:www.checkinnbali.com

これは普段から持ち歩いている人が多いのでは無いでしょうか。安全ピン単体で持っていなくても、ピンバッジを止めるピンも同じですし、立派に代用になります。通常よりも大きく開き、SIMトレーの穴に挿せばSIMピンと同様にSIMトレーが出てきます。

安全ピンの良いところは、持ち歩く事が多くて用途が広いのもひとつですが、曲げたりの加工がいらないので、SIMトレーを引き出した後はまた同じように安全ピンとして使えるところです。

ゼムクリップ

出典:usedoor.jp

「ゼムクリップ」または「ペーパークリップ」とも呼ばれますが、これもよほど大きいものでなければ直径1mm以下ですからSIMピンの代用になります。ただ、形状からそのままではさせないので、端の部分を伸ばしてやり、クリップ部分が曲がっているのが刺す時干渉しないよう、棒の部分を作ってやる必要があります。

これでもSIMピンの代わりにはなりますし、持ち歩いている事も多いですが、一度曲げを直すと元には戻しにくいので、消耗品のつもりで使いましょう。

画鋲

出典:nokias60.up.n.seesaa.net

画鋲の中でも太いものではダメですが、直径1mm以下なら使えます。太さを確認して刺すだけなので一番簡単ではありますが、安全ピンやゼムクリップと違って取り扱いを間違えた時にケガをしやすい事や、頻繁に画嬢を使う仕事でも無いと持ち歩く事が少ないのが難点です。

オフィスなどで事務用品に使われる事が多いですから、そういった手近に画鋲があるケース限定ですね。

裁縫針

出典:image.news.livedoor.com

マチ針でも裁縫針でもいいのですが、男女に関わらず簡易的な裁縫セットでも持っていれば、その中に含まれる針は有効でしょう。画鋲や安全ピンと比べると、針をSIMトレーの穴に刺してから押し込む時に、強く押しすぎて指先などをケガしないよう注意です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]