ドローンで撮影した絶景写真集!ドローンの空撮写真はなぜ人気なのか

ドローンは遠隔操作によって飛行できる無人の航空機です。ドローンからの撮影はまさに鳥目線であり、ごく身近な風景でもドローンで撮影すると感動的な絶景となります。今回は、そんなドローンを用いた空撮写真をご紹介します。

改正航空法でのドローンの定義

ドローンとは無人航空機を指す言葉ですが、いわゆる昨今ブームとなっているドローンはどのように考えればいいのでしょうか?

2015年7月に改正航空法が閣議決定されました。その内容では、ドローンとは回転翼付き航空機、滑走器、飛行船、といった政令で定められた無人の、遠隔操作が可能なもの、と定義されています。

出典:www.sankei.com

ドローンは今でこそ個人が趣味で楽しめるものとなりましたが、当初は軍用に考案されたものでした。軍用のドローンは主翼の全長が10メートルを超える大型のものもあり、主に空爆や偵察機として用いられました。

もともとは軍用のプロユースだったドローンですが、2010年ごろから一般向け販売も増え始め現在に至ります。2015年の4月に日本の首相官邸にドローンが墜落し、マスコミに大きく報じられたことは記憶に新しく、ドローンの存在が一般に広く認知された事件でした。

ドローンは見えない位置からの遠隔操作が可能

現在、一般的に普及しているドローンにはほぼ全てカメラが搭載されています。ドローンは空撮をすることが主な用途となっているからです。これが従来のラジコンヘリとの大きな違いであり、ドローン目線の映像は、リアルタイムにドローンのコントローラーに搭載されているディスプレイに映し出される製品もあります。

出典:akiba.jpn.org

このディスプレイに機能により、例えばドローンを窓から飛ばし、部屋の中から遠隔操作という操作方法も可能となります。またスマホと連動して、スマホをドローンカメラからのディスプレイとコントローラーに運用できる製品もあります。

どちらにしてもドローンを直接目視出来ない位置からの遠隔操作が可能という点が、一昔前のラジコンヘリとは一線を画しています。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]