iPhoneのバックアップが自動でできる?iCloudを使いこなして簡単にバックアップをとろう!

あなたはiPhoneのデータのバックアップは作っていますか?iPhoneの調子が急に悪くなって買い替えなければならなくなった時、新しいiPhoneが欲しくなった時、データのバックアップが取っていないと大変なことになります。iPhoneのデータをバックアップする二つの方法をご紹介します。

iPhoneのバックアップについて

iPhoneのデータをバックアップしておくと不意の事故などでiPhone本体が破損してもデータを新しいiPhoneに移すことができます。写真や連絡先は無くなってしまうと困りますよね。

出典:www.apple.com

自動と手動の二つの方法

iPhoneのデータをバックアップするには二つの方法があります。iCloudを使う方法とiTunesを使う方法です。

iCloudを使う方法ではインターネット上にデータをバックアップします。iTunesを使う場合には自分のパソコンにデータをバックアップします。バックアップはiCloudとiTunesの両方を一度に作ることはできませんが、別々には作れます。

自動でバックアップ(iCloud)

iPhoneにいくつかの設定をしておけば、特にバックアップの動作をしなくても自動的にiCloudのデータが更新されます。毎日充電している間にバックアップができますので、最初の設定さえしてしまえばあとは特に意識する必要もありません。

充電は毎日かそれに近い頻度でするでしょうから、バックアップ用に時間を取る必要が要らないので気軽にできます。

手動でバックアップ(iTunes)

勝手にバックアップが作られることを嫌う人や、特定のデータだけ所定の場所にバックアップしたい場合には手動でバックアップすることもできます。写真データだけSNSに保管したいとか、友人とシェアするために他の人も見られるような共用の場所に保管したい場合などにも利用できます。

また、iCloudに保管されるデータはiPhoneの全てのデータではありませんので、自分で保存する必要があるデータは手動でのバックアップになります。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]