電気コンロの焦げ落としに効果アリ!掃除方法と便利グッズ

近年はIHコンロが普及されつつありますが、賃貸物件では価格が安く電気代も安い電気コンロが設置されている物件も多くあります。ガスコンロに比べれば、凹凸が少なく掃除しやすい電気コンロですが、少しの吹きこぼれでも焦げつきがおこってしまいます。焦げ付きを放置すると見た目も悪い他、加熱する度にコゲ臭いニオイの原因にもなります。電気コンロの焦げつきをカンタンに落とせる方法をご紹介しましょう。

電気コンロが焦げ付く原因について

家中でダントツで汚れやすいのがキッチンです。調理するたびに、油飛びや吹きこぼれなどで汚れるコンロ周りは特に汚れやすい場所です。汚れが目立ってきてから、お掃除しようとした時にはすでに焦げ付きや油のこびりつきなどがひどく、汚れを落とすのに一苦労したという経験はないでしょうか?

出典:pds.exblog.jp

飛び散った食材・油はねが原因

電気コンロの焦げ付きは、吹きこぼれや飛び散った食材、油はねが原因です。これらが鍋の下敷きになり、加熱されることで少しずつ焦げて堆積していきます。長い時間放置することで、焦げ付きはどんどん頑固になってしまうのです。

汚れたら焦げ付く前に拭き取ろう

焦げ付きを防ぐ対策としては、汚れを飛び散らさない、鍋を吹きこぼさせないことが挙げられますが、いくら注意しても全てを防ぐことはできません。現実的な対処としては、汚れたら焦げ付く前に汚れを拭き取ることくらいしかありません。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]