ガスコンロのグリルでパンを焼こう!手作りパンやフレンチトーストなどを簡単に作れる!

  • LINEで送る

ガスコンロのグリルというと「魚を焼く」というイメージがあります。ガスコンロのグリルは炭火と同じ「遠赤外線」を利用した加熱方法です。その強い火力で一気に調理できる点に関心が高まっています。中でも意外性とカンタンさで人気を集めているのが、ガスコンロでできる手作りパンです。オーブンがなくても、ガスコンロのグリルでできるパン作りについてご紹介します。

グリルの加熱の便利さについて

外は香ばしく中はふっくら仕上げる

ガスコンロのグリルの加熱には炭火と同じ「遠赤外線」を利用しています。炭火焼きした肉や魚がおいしく感じるのは、食材のうまみを閉じ込める効果があるためです。遠赤外線の輻射による加熱は、表面を均一かつ素早く焼き上げるため、外は香ばしく中はふっくらとした仕上がりになります。

出典:pds.exblog.jp

工夫すればニオイ移りはしない

ガスコンロのグリルが便利と言っても、食材に魚のニオイが移るのでは?という心配があります。確かに、しっかりお掃除しても魚を焼いたニオイは完全には消せません。しかし、グリルで加熱中の食材にはニオイ移りがしない秘密があります。

グリルで加熱された食材からは、食材自体に含まれた水分が水蒸気として放出されるため、グリルの庫内のニオイを寄せ付けません。グリルの料理に、他のニオイが移る心配はないのです。ただし、ニオイをガードする水蒸気は食材の加熱中にしか放出されないので、グリルの火を消したらすぐに取り出すように注意が必要です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]