カメラレンズの収納には気をつかおう!デリケートなカメラを守る収納方法

  • LINEで送る
       

保管ケースについて

そういったことから、ホコリとカビからカメラやカメラレンズを守るためには密閉された容器が必要になります。カメラユーザーがカメラなどを保管しているケースの代表的なものにドライボックス、簡易ドライボックス、密閉ケースの3種類があります。

■ドライボックス(防湿庫)

出典:mikata-labo.com

カメラやカメラレンズを収納するための専用ボックスです。電気により湿度が一定に保たれているのがポイントです。ややスペースはとってしまいますが、安心して保管できるものです。

IDEX デジタル防湿保管庫 D-strage 60L DS-63Mなどがあります。

IDEX デジタル防湿保管庫 D-strage 60L DS-63M

¥ 20,881Amazonで詳細を見る

■ドライボックス(収納ボックス)

出典:bluesjee.blog.eonet.jp

ドライボックスまでは、という方でも簡易ドライボックスを利用しているユーザーも多いです。手軽に手に入れることができ、しっかり密閉することができます。まずはこのドライボックスで様子をみるという方法もあります。

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス27L グレー DB-27L-N
HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ 2個セット AMZ-KMC-0402
などを使用します。

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス27L グレー DB-27L-N

¥ 2,071Amazonで詳細を見る

HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ 2個セット AMZ-KMC-0402

¥ 990Amazonで詳細を見る

■食品用の密閉ケースを利用

出典:big2field.cocolog-nifty.com

こちらが最も導入コストが掛かりません。食品用の密閉できるケースを利用し、そちらに乾燥剤と湿度計を設置します。乾燥剤は食品用のものではなく、B型シリカゲルというものを使用します。

Kenko 防湿用強力乾燥剤 ドライフレッシュ シートタイプ DF-SH202などを使用します。

Kenko 防湿用強力乾燥剤 ドライフレッシュ シートタイプ DF-SH202 [2シート入]

¥ 355Amazonで詳細を見る



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る