ガスコンロの高さを調節するにはどうしたらいい?オススメ方法3選

  • LINEで送る

ガスコンロの高さは住居設備によってさまざまです。また、個人個人身長が異なるため、高さについては悩ましい問題となります。そこで今回はガスコンロの高さを調節するためにはどうしたらいいのか検討していきます。

ガスコンロの高さが合わないと大変

出典:ecx.images-amazon.com

長い間立っていないといけない

3食取ることが通常とされる現代の生活において、金銭面や栄養面からも自炊をしている方も多いですよね。そうなると1日に1回くらいはガスコンロの前に立っています。

例えば、簡単に目玉焼きを作るだけでも数分ガスコンロの前に立って調理しなければなりませんから、ガスコンロの高さが自分の身長に合わないものだと非常に調理しにくくストレスになります。

腰痛の原因にも

また、ガスコンロの高さが低い場合は常にかがみ込む姿勢で調理しなければならないことから、腰痛の原因になるといわれています。ストレスだけでなく、腰痛という身体を痛める危険もあるのです。

調理しにくいことの危険

もっとも、ガスコンロの高さが低くやりにくい場合は、調理中に余計な力が入ってしまうことから、炒め物で素材が飛んでいってしまったり、フライパンを落としてしまったりするなどのおそれもあります。こういったことでやけどを追う危険もあるのです。

以上のことから、ガスコンロの高さを許容範囲におさまるくらいまできちんと調節していくことが大切になるのです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]