Macでアプリが開かない?そんなときに試したい64bitでの起動方法!

折角インストールしたアプリが開かない。動作に不具合が出る。 そんな経験はありませんか? もしかしたら64bit専用アプリを32bitモードで使っているのかもしれません。 一体どういうことなのか、bitとは一体何?アプリを起動するにはどうすればいいの? そんな謎ばかりの64bitと32bitの関係と、Macとアプリの起動方法をご説明していきます。

64bitと32bit

出典:www.pckiraboshi.com

まずこの32bitと64bitというものは一体なんなのでしょうか。bitとはコンピューターが扱える最小単位のことです。コンピューターは0と1の2進数の世界で出来ており、「0か1かどうかを決める」情報が1bitという単位で表されます。

仮に2bitだと、この倍、「00」「01」「10」「11」という4種類の情報を表せるわけです。bit数が一つ増えるごとに情報量は倍になっていきます。

32bitだと、2の32乗で「4294967295個」もの情報を一度に扱えるということになるわけです。64bitだと、2の64乗で「18446744073709551615個」という途方も無い情報量に。

要するに、一度に扱える情報量が32bitと64bitで桁違いに違うということです。

これまでのPCはwindowsもMac OSも基本的に32bitで扱えるように出来ていました。そのためアプリも32bitで作られ、PCも32bitで扱えるようになっていたわけです。

しかし近年の技術革新で、64bitのPCが登場し、それが主流になる流れで、アプリも64bitで対応するようになりました。簡単に言えば、もっと情報を詰め込めるように進化したものが64bitのPCやアプリです。

しかし当たり前ながら、進化したものに対応していなければ、動作させることはできません。「64bitのアプリを32bitのPCで使うことが出来ない」ということになるのです。

新しいアプリを入れる際に、使っているMacが32bitなのか64bitなのか判別できないと、使うことが出来ないかもしれません。そのために、お使いのMacがどちらに対応しているのかを確認する方法をご説明いたします。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]