プロジェクターの分配器でなにができる?分配器の2つの機能について

1776

自分で見るときにはテレビで、何人かで見るときにはプロジェクターで、というようにテレビとプロジェクターを切り替えて使う場面もあるかと思います。おうちシネマを計画したり、仕事でお客様に大きな画面で見ていただきたい図面などには、プロジェクターが向いています。でもHDMI端子をいちいち抜き差しするのは面倒。分配器で切り替えをして使えれば、すぐにプロジェクターもテレビも使えて便利です。このプロジェクターの分配器を選ぶときには、どんなことに注意をしたらいいのでしょうか。

プロジェクターの分配器って何?

出典:www.sanwa.co.jp

分配器は主に二つの機能があります。

分配器というのは、ゲームやビデオカメラ、パソコンとモニターやプロジェクターなどの映像を写せる機器との間に入って、同時に同じ画像を複数の画面に映せるようにしたり、機械同士の組み合わせを切り替えたりする機械です。

機種によっては一つの画像を二つに分配するだけの機能しかないもの、複数の機械を接続できるもの、機器同士の組み合わせを切り替えるために主に使われるものというように分かれますので、買うときにはそれぞれの仕様書をよく読んで目的にあった機種を購入しましょう。

二つ以上の機器に同時出力するスプリッターとしての分配器

分配器の一つ目の機能はスプリッターとして一つの入力信号を二箇所に出力する機能です。パソコンからモニター二台に同時に写すときなどに使います。また、モニターとプロジェクターというように別の種類の画面にでも、出力信号が揃っていれば出力できます。

接続された機器同士を切り替える分配器

分配器のもう一つの機能は、切り替え機として接続された機器同士の組み合わせを切り替える機能です。パソコンとゲーム機をモニターやプロジェクターにつないでおいて、今日はゲーム機からモニターで使う、というように切り替えて使います。

ゲーム機を複数台持っていて、今日はこのゲームを大きなプロジェクターで写しながらやりたいな、という人などは切り替え器を使います。