iPhoneの便利機能はまず「長押し」から!知っておきたい基本操作

  • LINEで送る

[2] iPhoneのアプリ長押しで削除

出典:pixabay.com

アイコン長押しでアプリ削除できる

iPhoneのアプリ一覧の画面でアイコンを「トンッ」と軽く叩くとアプリが開きますが、長押しではそのアプリを削除するモードが立ち上がります。

削除モードの使い方

iPhoneのアプリのアイコンを長押しするアプリがブルブルと震えます。×印が出て来るのでそれを押すと「削除」と「キャンセル」が出てきます。「削除」を押すとそのアプリはアンインストールされます。

アプリによっては始めからインストールされていたり、基本的な機能に関わるアプリもありますので、削除ができない物もあります。

アイコン長押しで削除できないようにするには

長押しをして×印を押して削除を選んで…という手順があるのに、ポケットからiPhoneを出し入れする時に手で触ってしまってとか、そんなことでアプリを削除してしまったことがある人は意外とたくさんいます。そのため、長押しでの削除ができないように、機能を解除できないか?という疑問も出て来ます。

残念ながら削除機能は無効にできませんが、削除しないようにロックをかけることはできます。設定の画面から一般、機能制限と進んで「appの削除」という項目をオフにしましょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る