iPhoneの容量が少ないときはどうすればいい?ストレージ管理まとめ

1764

iPhoneを愛用している人は多く、デザインはもちろんのこと、使いやすさでも人気があり、今では所有率がアンドロイドよりも上回っているほどです。そんな人気の高いiPhoneですが、長年使っていると悩まされる問題が「ストレージ不足」です。ではiPhoneの容量が少ないと感じたときはどうしたらいいのでしょうか。今回は、ストレージ不足を解消する方法をご紹介いたします。

ストレージ容量を確認してみよう

ストレージとはiPhoneのデータを保管しておく倉庫のようなものです。ストレージ容量には限りがあり、写真やビデオを撮ったり、好きなだけ音楽をダウンロードしたり、メールを長期間保存していたりすると意外とすぐに残り容量が少ないという状況に陥ってしまいます。

残り容量が少ないと、写真を撮っても保存ができない、アプリをダウンロードできない、さらにはデータのアップロードができないということになってしまいます。まずは、今使っているiPhoneのストレージ容量を確認してみてください。

ストレージ容量の確認方法

出典:livedoor.blogimg.jp

1:「設定」→「一般」→「使用状況」をタップします。

出典:livedoor.blogimg.jp

2:「ストレージを管理」をタップします。

表示されているリストから、それぞれのサイズが確認できます。

いらないデータを削除して容量UP

出典:cdn.bgr.com

ストレージ容量を確認して、容量が少ない場合はアプリや写真を整理して容量を増やしてみましょう。

使わないアプリを削除

まずは使っていないアプリから整理してみましょう。中には試しにダウンロードしたけれども、ほとんど使っていないアプリもあるはずです。いらなくなったアプリは削除してストレージ容量を増やしてみてください。

<< 次ページに続く >>