プロジェクターでキーボードを映し出す?光にタッチでキー入力ができる近未来型!

1761

外出先でパソコン作業をする人にとって、パソコンやiPad用の周辺機器は何かと荷物がかさばる原因ですよね。 快適にiPadなどのタッチパネルに文字を入力するために、別売りのキーボードを使うことがありますが、サイズが大きくカバンの中でスペースをとってしまいがちです。 プロジェクターのように、テーブルの上などにキーを投影できる近未来型のキーボードが話題を呼んでいます。 今回は、プロジェクターによって仮想キーボード入力ができる近未来アイテムについて紹介いたします。

投映型キーボードのメリットは?

出典:bluetooth-blog.up.seesaa.net

キーボードよりも小型のボディ

キーボードの折り畳みタイプは、軽量でコンパクトな製品が数多くあります。しかし、薄型のものはタイピングの際に安定性が低く、キーひとつひとつのサイズが小さいため操作しづらいというデメリットがありました。

投映型キーボードは本体が折り畳みキーボードよりもコンパクトで、持ち運びがより簡単です。また、キーのサイズが本体そのものの大きさに左右されずに設定できるので、タイピングの際にキーが小さすぎるという心配がありません。

入力しづらいタッチパネル端末に使える

iPadやスマートフォンといったタッチパネルでの入力の場合、画面が小さいため思うようにタイピングがやりづらいです。書類作成など、スピーディーなタイピングが求められる場面では、キーボードでの入力がおすすめです。

出典:imgcp.aacdn.jp

投映型のキーボードを使えば、BluetoothによってiPadやスマートフォンと接続することができるのでケーブルもいらず、最低限の機材でキー操作が可能です。