スマホのカメラレンズに入った水滴を除去する2つの裏ワザ

最近の携帯は防水仕様だからと油断していると、いつの間にか入り込んだ水滴がカメラレンズの内側に付着していた、なんてことも起こってしまいます。修理に出すと、その間代替機で我慢を強いられます。でも実は、修理に出す前に、水滴を除去するために自分で試せることがあるんです!

防水仕様を過信して水濡れ

防水仕様でも過信は禁物

スマホの時代が到来する前から、防水仕様の携帯などで馴染みがあるため、「防水」という言葉を過信してしまっている人はとても多いことでしょう。

実は、防水仕様ではないスマホよりも防水仕様のスマホの方が、水濡れによる故障での修理依頼が多いといわれています。

出典:img.news.goo.ne.jp

もちろん、防水仕様のスマホは濡れた手で触ったり、少々本体に水滴が飛んだりしても問題はありません。また、うっかり水の中に落としてしまっても、基本的には内部への浸水は起こりません。

しかし、それはUSB充電端子の部分やイヤホンジャックの蓋がしっかり閉まっている状態が前提で、少しでもずれていたり開いていたりした場合はその限りではありません。

また、水につけたままでの使用を想定して設計されていないので、「防水」とあっても、例えばお風呂の中で使ったり、プールの水に浸かりながらといったような使い方は想定外といえます。

出典:upload.wikimedia.org

いつの間にかカメラレンズの内側に水滴が?!

このような防水仕様への過信から、水濡れによるスマホの不具合へとつながっていくのです。

そうは言っても、日々の生活で使う間にいつの間にか水滴が入り込んでしまうのは仕方のない部分もあります。特に、ちゃんとスマホは動作はするけど、カメラレンズの内側に水滴が付いてしまってきれいに撮影ができない、といった声があります。

まず先に修理に出すことを思い浮かべる人は多いでしょうが、ちょっと待って下さい!実は、修理に出さなくても自分自身でできる範囲で解決することもあるんです!

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]