夏のクーラーと便秘は関係が!冷え過ぎによるクーラー病と身体への危険性

クーラーが効いている室内は、想像以上に冷えています。真夏の炎天下から室内に入ってきた時は快適ですが、ずっと冷えた空間にいると、体は冷え過ぎてしまいます。体の冷えで血液の巡りが悪くなってしまい、それこそが便秘の原因となってしまっている事が多いようです。特に女性は、冷え性の人が多くクーラーの効いた部屋で座ったままでいると、冷えと運動不足で、なおさら便秘になりやすい体質を作っているといえるでしょう。冷えで血液の循環が悪くなると、腸の蠕動運動が衰えてしまいます。そうなると、便を押し出すことができず、老廃物や体内の毒素がどんどん蓄積されてしまいます。このような症状もクーラー病の一つと言えます。

クーラー病は夏特有の病気

出典:www.b-lab.jp

クーラー病は、クーラーの効いた強く効いた室内から暑い室外へ外出し、またクーラーの効いた室内に戻るということを繰り返した時などに身体に不快な症状が現れ、体調の不調を感じます。この症状をクーラー病といいます。

クーラー病は、猛暑の夏の期間に症状が出ます。クーラー病の原因は、室内と屋外の急激な温度差による自律神経の乱れによるもので、ある種の自律神経失調症と同じ病状に陥ります。

クーラー病の代表的な症状の一つとして、便秘になるケースが多いようです。夏になると便秘になりがちな人も、クーラー病に起因することが多いようです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]