デジカメでスキャナーを自作してみよう!作り方とメリットまとめ

文書や絵などを画像ファイルとして取り込むことができるスキャナーは、実はデジカメを使えば代用することが可能です。スキャナーを普段使うことはないという方、スキャナーが壊れてしまったので緊急で代用するものが欲しいという方におすすめの方法を紹介します。

スキャナーを使ってできること

出典:blogimg.goo.ne.jp

文書を取り込む

職場で書類を保存する際に、とくに大切な書類をスキャナーで取り込んで画像データとして保存しておくと、たくさんある書類の中から必要な書類を探すのではなく、パソコンのデータの中から検索をして探すことができるため、時間や手間を省略することができます。

またOCRソフトを使うことによって、取り込んだ文書に書いてある文字列を読み取り、その文字列をも検索ワードの対象とすることもできます。この機能を使うとファイル名を思い出しながら検索したりフォルダの中をすべてチェックしたりする必要がなく、文書に書いてあるキーワードを検索することで関連するファイルの中から目当てのデータを探すことも可能になっています。

OCRソフトはデータの保存料の多い方や会社ではもちろん、名刺の管理にも使うことができるためスキャナーとOCRソフトをセットにして名刺管理をしている企業も多くあります。

画像を取り込む

デジカメで撮影した画像はデータとして保存されるのですが、フィルム式のカメラなどデジカメ以外で撮影した撮影や、既に現像している写真をデータとして保存する場合にもスキャナーを使うことができます。

専門的な使い方にはなりますが、フィルム式カメラで撮影した画像の根が写真をスキャナーで取り込み、取り込んだ画像の色を反転させることによって写真をデータで残すことも可能になっています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]