スキャナーの性能を測る「dpi」とは?スキャナー選びの基礎知識!

スキャナーは紙媒体の書類や写真などを画像として取り込むことができ、なくしたくないデータや記録を残すのにぴったりの機器です。しかしスキャナーにもいろいろな種類が販売されており、その中でもdpiという単位はスキャナーの性能を測るうえで重要な1つの指標となっています。dpiとはどんなものなのか、スキャナーの利点と合わせて知識を深めていきましょう。

スキャナーでできること・メリットとは?

出典:img1.kakaku.k-img.com

スキャナーは紙に書いてある文章や絵、プリントされた写真などを画像としてパソコンに取り込むための機器です。

例えば自分が書いた絵をいくつかの場所に送るときに、紙に描いた絵をそのまま送ろうとすると、コピーをしたり、何枚も同じものを描いたりしなくてはいけません。しかしスキャナーを使えば、原本をデータとして保存することができるため、複数の場所へメールに添付して送ることができるようになります。

他にも大量に書類を扱う職場では、保存した書類の中から必要な書類を探すのに時間が掛かってしまいます。しかしスキャナーを使えば、項目ごとや日付をデータに残すことができるため、探す手間も省くことができるというメリットがあります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]