ドローンを使った防犯システムがある!?3つの活用事例を紹介

災害救助や農薬の散布、防犯などいろいろな場面での活躍が期待されているドローンですが、既にドローンを使った防犯の取り組みも始まっています。それぞれの地域でドローンがどのような使われ方をしているのか、またこれからどのように導入されていくのかを確認していきましょう。

ドローンとはどんなもの?

ドローンとは無人で飛行できるもののうち、ラジコンなどの操作なしにプログラムされたルートや目的日に向かって自律飛行できるもののことです。もともとドローンは軍事利用するために開発されてきましたが、現在では低コスト化・汎用化して民間でも使われるようになっています。

出典:www.gizmodo.jp

災害活動や救命活動、人間が入ることのできない場所での調査、空からの撮影、ドローン競技などの幅広い分野での応用が期待されており、海外では急病者のためにAEDを運ぶドローンの研究も進んでいます。

日本でも地域の防犯に役立つドローンが導入・研究されており、茨城県でドローンを使ったパトロールの運用が行われ、また民間の警備会社でもドローンを対象とした監視システムが検討されています。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]