アップルウォッチでWi-Fi通話が可能に!日本未上陸のサービスに迫る!

  • LINEで送る
       

2015年9月に発表されたアップルウォッチの新OS『OS2』。OS1にはなかった機能がたくさん追加されていて、アップルファンたちも予想以上の充実ぶりに喜びの声を上げていました。その中でも特筆すべき機能が『Wi-Fi通話』。日本のアップルウォッチではまだ対応はしていませんが、今後、導入される可能性大の機能です。Wi-Fi通話とは一体どのような機能なのか、探っていきましょう。また、アップルウォッチの人気モデルもご紹介します。

 

対象業者でiPhone契約をしていればWi-Fi通話利用可能

出典:articleimage.nicoblomaga.jp

アップルウォッチと一緒に使用するiPhoneで過去にペアリングしたことがあるWi-Fi通信に限定されますが、『Wi-Fi通話』の機能があるとアップルウォッチだけで通話することができるのです!

もちろんiPhoneにおける通信料金を支払っていますので、アップルウォッチでの通話料金は無料!ただし、次のいずれかの通信業者とiPhoneの契約を結んでいる必要があります。

アメリカ:AT&T、Sprint、T-Mobile
カナダ:Bell、Rogers
香港:3、SmarTone
イギリス:EE、Vodafone
スイス:SALT、Swisscom
サウジアラビア:Zain

使い方も簡単!アップルウォッチでWi-Fi通話

アップルウォッチとiPhoneの設定を同時に行うことで、腕時計で通話を行ったり受信したりすることができます。

iPhoneの設定

まず、アップルウォッチとペアリングして使用しているiPhoneの設定を行います。iPhoneの設定画面から『電話』→『Wi-Fi通話』を選択し、『Wi-Fi通話』と『他のデバイスでの通話』の両方をオンの状態にします。

Wi-Fi通話対象外のiPhoneに契約している場合は『Wi-Fi通話』の設定ページそのものがありません。つまり、日本で契約している方は、このページは見られないと言うことになります。

アップルウォッチの設定

アップルウォッチの設定をiPhoneで行います。『Watchアプリ』の画面を開き、『マイウォッチ』のタブを開いて『電話』を選び、Wi-Fi通話をオンの状態にします。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る