【初心者向け】超基本!三脚の各部名称と構造まとめ

  • LINEで送る

カメラを始めたい!と思い立って購入したはいいものの、どうやって使えばいいかわからないものの代表格。それが「三脚」ではないでしょうか。いろいろと使えそうなものの、一体何をどうやって使えばいいかわからない。しかも、初心者向けの本を買っても各部の名称がわからないから操作使用がない・・。そう途方に暮れていませんか。近年はカメラ人口が増加傾向にあることもあり、カメラ初心者の方も同じように増えています。ぜひ今回は、そんな初心者のみなさんに三脚の名称と構造を覚えていただければと思います。

三脚は一体式ではない!雲台と足でできている。

さて、まずはじめに三脚と聞くと、一体式だと思われている方が多いと思います。それは間違いです!三脚は、「雲台(うんだい)」と「脚」という、2つの大きなパーツで構成されています。

ほとんどの場合、雲台と脚はセットで売っているので、分解する機会にはあまり恵まれないのではないかと思います。ただ、数千円程度で購入できるかなりお安い三脚は分解できず一体型担っている場合もあるのでご注意ください。

多くの三脚は、雲台と脚を分解可能です。

出典:www.hakubaphoto.jp

雲台と脚の取り外し方ですが、三脚はオスのネジ、雲台はメスのネジになっています。そのため、ネジをゆるめれば取り外し可能です。分解してみるとわかるのですが、三脚の頭はオスネジになっています。雲台の裏側をみるとメスネジが見えるはずです。

では、雲台と脚の部分が分解できることに何かメリットがあるか?についてです。一番のメリットは、「用途に合わせ、雲台と脚の組み合わせを変更可能である」ということです。脚が1セット、数台の雲台があれば、どんな足場やシーンであっても付け替えて利用できることです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る