プロジェクターを使って床面投影!プロジェクションマッピングで楽しもう

少し前まではプロジェクターと言えば専用のスクリーンに投影するのが一般的でした。しかし今ではプロジェクションマッピングと言って、プロジェクター用の専用スクリーン以外のものへの映像投影が当たり前となっています。そこで今回はプロジェクションマッピングの有用性について、特に床面投影に着目してご紹介します。

プロジェクションマッピングについて

出典:i.ytimg.com

スクリーン以外のものに投影すること

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターの映像を専用スクリーン以外のものに投影する技法のことです。例えば、部屋の壁面なんかは当然として、ビルの外壁や屋根、天井や床面、変わったものだと噴水や霧、車など、何でもスクリーンとして代用できます。

一昔前までは、プロジェクターと言えば専用のスクリーンに投影するのが普通でしたが、技術の進歩によりプロジェクターの性能が上がり、専用スクリーンでなくても映像をくっきり表示できるようになったため、プロジェクションマップが普及するようになりました。

パフォーマンスや即興性にすぐれている

またプロジェクションマッピングの面白いところは、パフォーマンスや即興性に優れている点です。例えば街頭TVのように大人数で共通の映像を見て一体感を楽しむということが、プロジェクションマッピングを用いれば誰でも手軽に行うことができます。ネット上に面白いプロジェクションマッピング動画がいっぱい投稿されていますので、興味があったら見てみるといいですよ。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]