「スマートフォン頭痛」が急増中?脳を傷つけるスマホの使い方

みなさんはスマートフォンを使っていて、なんとなく気分が悪くなったり、頭が痛くなったりしたという経験はありませんか?実はその症状は、脳があなたに送っているSOSかもしれません。私たちの生活と切り離せないスマホを上手に使うために、スマホ頭痛とその対処法について見ていきましょう。

頭痛のメカニズム

出典:i.huffpost.com

そもそも頭痛はなぜ起こるのでしょうか。
頭痛の主な原因として、血管の拡張によってその周囲に炎症が起きてしまうことが挙げられます。

ストレスなどによって血管の収縮と拡張のリズムが乱れて血管の周囲にある神経が過度に刺激されてしまうと、頭痛が引き起こされてしまうだけでなく光や音に対して敏感になってしまったり、吐き気を感じてしまうこともあるのです。

そして首や頭の筋肉の緊張も、頭痛を引き起こす原因となります。
長い間同じ姿勢をとっていたり無理な体勢をとっていたりすると、首や肩の血行が悪くなり、酸素が脳に十分に行きわたらないことが原因で頭痛が起きてしまいます。

パソコンやスマホをいじるときは長時間同じ姿勢をとることが多いので、デスクワークの多い人は注意が必要です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]