初めてのカメラレンズは高倍率?高倍率ズームのメリット・デメリット

今までコンパクトデジタルカメラを使っていたけど、一眼レフデビューしたという場合、まず色々な難しい言葉の壁にぶつかりがち。専門用語が多いので、難しく思えてしまうんですよね。買ったはいいけど挫折しそうという一眼レフ初心者さんにオススメなレンズをご紹介します。まずは何も考えず気軽に撮影してみませんか?

レンズ交換式のカメラは倍率表現をしない?

出典:www.ricoh-imaging.co.jp

表現の違いがある

デジタル一眼レフはカメラレンズ交換式。カメラと一緒にレンズを購入することになりますが、まずはそこから挫折する人もいるようです。なぜなら表現の違いにぶつかるからです。

コンパクトデジカメでは今まで「○倍ズーム」と表現されていましたが、デジタル一眼レフになると「焦点距離○㎜~○㎜」となるんですよね。焦点距離って何?といきなり疑問が浮かんできます。

しかしこれは同じことをさしているんです。「焦点距離○㎜(小さい方)から焦点距離○㎜(大きい方)までズームをすることが出来ますよ。」と言う風に表示されているんです。なのでもし「○倍ズーム」という表示で理解したいなら、自分で計算してしまえば良いんです。

計算式

レンズを最も望遠にした時の焦点距離÷広角時の焦点距離

これで簡単にデジカメで耳にしていた「○倍ズーム」と言う表現に置き換えることが出来ます。ではどのように一眼レフカメラのレンズを選べば良いのでしょうか?

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]