メンテナンスしないと危険!プロジェクターのフィルターを大切に扱おう

1706

明るい光源で大画面に鮮明な映像を実現するプロジェクターですが、小さなボディに大出力を詰め込んでいるという事は、それだけ熱がこまるがゆえの冷却システムと、そのメンテナンスが必要という事でもあります。

フィルターのメンテナンスが必要な理由

高熱を発する

出典:projector-navi.com

大画面に鮮明な映像を投影するため、強力な光源を持つプロジェクターですが、その光源を持つがゆえに内部では猛烈な高熱を発しています。最近は光源にLEDを用いるプロジェクターも増えてきたので、従来型の高熱水銀ランプを光源としているものに比べれば、発光そのものでの発熱はそれほど多くありません。

しかし、それは光に熱がこもっていない(手を当てても熱くならない)というだけの話で、LEDの素子や電源部は「ヒートシンク」と呼ばれる放電板を通して高熱を発している事には変わりが無いのです。

全体に熱がこもってしまう

出典:projector-navi.com

LEDの例でもわかるように、光を発する部分以外でも高熱になるという事は、他の内部機器も電気抵抗で十分に発熱するという事でもあります。LCD方式やLCoS方式のように液晶式のプロジェクターなら液晶の電源部の熱がこもりますし、それを使わないDLP方式でもコンパクトボディであるがゆえに熱がこもりやすくなります。

<< 次ページに続く >>