iPhoneはランチャーでより便利に!操作をよりストレスフリーにしよう!

1692

そんなに毎日iPhoneで習慣として行うことが無い人、持っているアプリがかなり少ない人などがランチャーを使ったとしても大きな変化が感じられないようです。また新しい動作を導入することで逆に面倒になる人も。自分の使いかたで本当に便利になるのかは実際に使ってみてから判断してみて下さい。

ランチャーの種類

出典:ぽすっと.com

ランチャーには様々なタイプのものが出ています。使い方によって選んでから使ってみましょう。

スワイプ型

スワイプ型はウィンドウ画面にアプリを自由に並べることが出来、そこからアプリを起動させられます。長押しすることで押している部分以外のマスが変化し、そのまま長押しをして起動させたいアプリのマスまでスワイプをします。目当てのアプリまで来て指を画面から離すとそのアプリが起動となるんです。

出典:cdn.image.st-hatena.com

スワイプ型ではLaunch Center Proというものが人気があるんですが、このランチャーであればウィジェットに登録することもできますし、最大で210個のアプリを集約できる優れものです。

パレット型

パレット型もスワイプ型と同じようにウィンドウ画面にアプリを並べることが出来ます。ホーム画面に良く似ているのでランチャーに慣れていない人でも使いやすいかと思います。

出典:cdn.image.st-hatena.com

パレット型で人気なのはLaunch+。代表的なランチャーの一つです。ここではリマインダー機能がついていて、ランチャーとしてアプリの起動が便利になるだけではなく、様々な調節も簡単にできるようになります。