有線接続?無線接続?プリンター4つの接続方法とメリット・デメリット

  • LINEで送る

プリンターをご購入された方が一番最初に悩むこと。それは「プリンターの接続方法ってどうすればいいの?」ということです。webページや写真の印刷に必要なプリンターですが、その接続には有線と無線、大きく2つの接続方法があり、その中でもまたいくつかの種類に分岐しています。家にある複数のパソコンでプリンターを共有する、パソコンだけでなくスマホやタブレットなどから印刷したい、など利用シーンはさまざまです。今回は、プリンターを接続する4つの方法について詳しくご紹介していきましょう。

有線接続その1「USBケーブル」

最初にご紹介するのは、「USBケーブル」です。簡単に接続できて、しかも確実につながる、安心できる接続方法ですね。USBケーブル(Bコネクター)のケーブルで、パソコンとプリンターを直接つなぎます。最もスタンダードな方法ではないでしょうか。

プリンターのドライバーソフトをパソコンにインストールし、USBケーブルを接続すればすぐに使うことができます。USBケーブルを利用するメリットは、とにかくプリンターとの接続・設定が最も簡単であることです。

出典:www.sanwa.co.jp

突然接続不良になる、などのトラブルが少ないのも良いところですね。直接プリンターと接続しているので、サイズの大きなデータ(高解像度の画像など)の印刷が速いことも優秀な点の一つです。

デメリットは、プリンターの設置場所がUSBケーブルの届く範囲に限られること(最大5mまで)です。部屋をまたいで利用するのには向いていません。

また、接続しているパソコンでしか印刷できないこと、スマホやタブレットから印刷できないことがデメリットとして挙げられます。限られたパソコンでしか印刷しないという方や、とにかく簡単で安心できる接続方法が良いという方にはおすすめです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]