iPhoneのタッチパネルの反応が悪い!簡単にできる4つの対処方法

iPhoneはタッチパネルを操作するときの、ヌルヌルと動く反応の良さが売りの一つとなっています。しかしiPhoneを使っていると、どうもタッチパネルの反応が悪いときがあります。もちろんうっかり落とした際の衝撃などで故障寸前ということもあります。しかしそれだけでなく色々な要因があって「タッチパネルが反応しにくい」という状態を招いています。そこで今回はiPhoneのタッチパネルの反応が悪いときにできることを紹介します。

⒈iPhoneの画面を拭く

出典:imgc.appbank.net

スマホの画面は驚くほど汚れているものです。指の油やホコリなど目に見える汚れや見えないものもあります。汚れやゴミがタッチパネルに付着していると、当然反応は悪くなります。それでタッチパネルの反応が悪い時は、キレイに拭いてあげましょう。その際、必ずキレイな柔らかい布やハンカチで拭くようにしましょう。

画面を拭く専用の布を使用すると、タッチパネルの汚れが落ちやすいです。どうしても汚れが落ちにくい時は、布を軽く水に濡らすか、薄い中性洗剤を使用して拭いてみましょう。タッチパネルが濡れていると反応が悪いので、必ず完全に乾かしてから操作するようにしましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]