いつでもどこでもiphoneでexcelの編集が可能!快適に使う秘訣と無料版・有料版の違い

  • LINEで送る

外出先でもexcelファイルが編集できると便利です。以前はexcelファイルを外出先で閲覧しようと思うと、重たいノートパソコンを持ち歩く必要がありました。それが今や、気軽にiphoneでexcelが使えるようになりました。iphoneでも以前はexcelの閲覧はできても編集はできませんでした。それが今ではわざわざ会社に戻ってからデータ入力しなくても、いつでもどこでもササッと入力できて便利です。今回は、iphoneのexcelについてまとめてみました。

使うために必要なもの

Appストアからexcelアプリをインストールしてすぐに使用可能ですが、MicrosoftアカウントとOneDriveもあるともっと快適です。

Microsoftアカウント

出典:image.faq.nifty.com

iphoneにexcelをインストールして初めてアプリを起動すると、Microsoftのアカウントでサインインする必要があります。すでにアカウントを持っていればいいのですが、持っていない場合,excelを使用できないのではと心配になってしまいます。実はサインインしなくても使用できるのですが、その場合ファイルの閲覧しかできません。つまり「読み取り専用」でしか開くことができず編集できないのです。

Microsoftアカウントでサインインすると、閲覧だけでなく編集もできるようになるので、iphoneでexcelを使用するのならアカウントは必須と言えるでしょう。アカウントを持っていない場合、無料ですぐに取得することができます。その際、メールアドレスも必要ですが、なくてもすぐにメールアドレスも作成できるので問題ありません。

OneDrive

会社や自宅のパソコンで作成したexcelファイルを、わざわざパソコンとiphoneを接続してiphoneにファイルをコピーするというのは面倒です。だからと言ってパソコンだけにファイルがある状態だとiphoneのexcelで閲覧することができません。そこで必要となるのが「OneDrive」です。

「OneDrive」は無料で使用できるクラウドストレージ、つまりインターネット上のハードディスクのようなもので、ファイルを保存しておくことができます。インターネットにつながっていると、パソコンやiphoneなどどの端末からでもファイルにアクセスして閲覧、編集ができます。

パソコンとiphoneの双方に「OneDrive」をインストールしておき、パソコンで作成したexcelファイルを「OneDrive」のフォルダに移動するだけで、いつでもどこでもiphoneから「OneDrive」上のファイルを編集できます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る