いまさら聞けない!iPhoneミュージックの使い方についてキホンから理解しよう

iPhoneは、もともと音楽プレイヤーに電話機能をつけたものですから、発祥は音楽プレイヤーです。発売当初は音楽好きやappleのパソコンであるMacファンの間で人気だったiPhoneも今や多くの人が使っているスマートフォンになっています。そのため、スマートフォン機能目当てで購入した方は案外ミュージック機能はそのままの場合もありますよね。今回は、そんな方のためにiPhoneミュージックの使い方の基本について解説していきます。

音楽を取り込みiPhoneに転送する方法

出典:pixabay.com

PCでの操作が必要になります。iPhoneを所有しているとPC接続はすでにしたことがある方も多いでしょうが、最近では全くなくても使えてしまうため、初接続という場合もあり得ますね。PCでiPhoneのバックアップを取っておくことも大切ですので、この際トライしてみましょう。

ソフトをインストールしておく

どちらの場合もPCにiTunesというAppleから無料で提供されているソフトをインストールしておきます。パソコンはインターネット接続されていることが必要です。

CDから音楽を取り込む場合

出典:ks.c.yimg.jp

出典:antarespc.com

CDから音楽を取り込みたい場合、基本的にはどのCDの音楽でも取り込むことができます。過去にコピーガードがかかったCDがありましたが、この種のCDだと取り込むことが難しいです。ここでは一般的なCDの音楽の取り込みについて説明していきます。

1.iTunesソフトを立ち上げます。
2.CDをパソコンのディスクドライブに挿入します。
3.iTunes上にCDに入っている曲の一覧が表示されます。されない場合は、インターネット接続が切れた可能性があります。もう一度入れ直してみましょう。
4.インポートをクリックします。
5.音楽の取り込みが完了しました。CDを取り出します。

たったこれだけです。インターネット接続の問題とパソコンの処理速度の問題により遅くなる場合もありますが、処理速度が速いパソコンだとほんの少しの間で1枚分の曲の取り込みが完了します。パソコン上では音楽聴き放題の状態になりました。

既にパソコン内に音楽データを取り込んである場合

出典:www.ipodlifes.com

出典:music.oricon.co.jp

ミュージックプレイヤー用に既に音楽データがパソコン内に保存されている場合は、iTunesに取り込みます。

1.iTunesソフトを立ち上げます。新規にインストールした場合は、このとき、「追加しますか?」という表示が出ますので、「はい」をクリックするとiTunesが勝手に探して登録します。
2.登録されない場合は、「ライブラリに追加」→すべての音楽ファイルを取り込みたい場合は、その音楽ファイルが保存されている「フォルダ」を、1曲だけという場合はその曲の「ファイル」を追加します。

iPhoneに音楽データを転送(コピー)する方法

出典:social-life.jp

1.iTunesを立ち上げます。
2.ケーブルでiPhoneをPC接続します。
3.iPhoneが認識されるまで少し待ちます。
4.取り込みたい音楽をiPhoneの方へドラッグ&ドロップします。
5.少し時間を要しますが、これで完了です。iPhoneの接続を解除してケーブルを外します。

出典:www.imobie.jp

同期する方法もありますが、iTunesにiPhoneを接続するたびに同期するため、毎回時間がかかるというデメリットがあります。

注意点

ここでよくやりがちな注意なのですが、iPhoneとiTunes(PC)は一対一の関係になります。つまり、自分のパソコンから音楽ファイルをiPhoneに移した場合だとします。このあと友人のパソコンでiTunesと同期してしまうと中に入っていた音楽データは消滅してしまうのです。

著作権の問題でこのような仕組みになっています。もっとも著作権の切れたクラシックでも、ご自身が弾いたピアノ演奏でも、iTunesはそのような区別をすることができませんので、一律同じ取り扱いなります。

こういった音楽データを友人にあげたいという場合であっても、iPhoneをメモリ代わりに使用してデータをコピーすることはできないのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]