プロジェクターの熱が心配!3タイプの特徴とメリット・デメリット

  • LINEで送る

オフィスの会議室に必ず設置されている機材として、パソコンとプロジェクターがあります。昔に比べると小型化されており、モバイル用も販売されています。しかしながら、プロジェクターが発する熱が気になっている方も多いと思います。今回は、このプロジェクターの熱による問題点と、その対処法についてご紹介します。

プロジェクターの3タイプ

出典:hometheater-navi.com

まず、プロジェクターには、いろいろな方式のものがあることはご存知でしょうか?プロジェクターには、以下の3つの方式があります。

DLP方式プロジェクター

出典:www.phileweb.com

DLPとは、Digital light processingの頭文字からきています。

デジタルマイクロミラーというミラーを使用して表示を行う仕組みになっており、光をミラーで反射させて、光の反射の角度により画面を表示しています。

デジタルマイクロミラーは、1枚タイプのものと、3枚タイプのものがあります。1枚タイプのものは持ち運びができるプロジェクターであり、3枚タイプのものは映画館などの大型プロジェクターになります。

3LCD方式プロジェクター

出典:www.phileweb.com

3LCDとは、光の三原色「赤」「青」「緑」に分けて、LCDにひとつづつ割り当てて、LCDに光を透過させて、カラー表示を行っています。

内部には、その他にミラーとレンズが内蔵されており、放電された光をLCDに透過したあと、レンズに当てて拡大表示をしています。

LCOS方式プロジェクター

出典:cdn.snsimg.carview.co.jp

LCOSとは、Liquid Crystal On Siliconの頭文字からきています。より詳しい言葉にすると、反射型液晶素子という言葉になります。

液晶の一種で、基板上に液晶の層があり、その液晶に映像を表示させて、基盤にある反射板で光を反射しレンズを通して表示させる仕組みになっています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]