プリンターの部品は消耗品!?定期的な交換が必要な部品まとめ

  • LINEで送る

職場でも自宅でも何かと重宝するプリンターですが、その部品には寿命があるモノが存在するのをご存知ですか?交換部品と言えばインクジェットだけだと思っていたら大間違いです。今やなくてはならない家電であるプリンターを長持ちさせるためにも、交換が必要な部品について知っておきましょう。

まずはプリンターの仕組みを知る

インクジェットプリンター

出典:jp.images-monotaro.com

家庭用のプリンターのほとんどがインクジェットプリンターですが、皆さんもインクカートリッジを交換した経験があるのではないでしょうか?

パソコンから送られてきたデータを元に熱や圧力によってインクを吹き付ける印刷方法で、インクヘッドにあるミクロサイズのノズルから、1粒が約1ピコリットル(1兆分の1リットル)というサイズのインクを何万粒も出しながらデータ通りに色を吹き付けます。

簡単に言えばプリンターの中にインク各色の水鉄砲があり、それがデータを感知して必要な部分にインクを吹き付けると言う仕組みですね。

レーザープリンター

出典:www.hitachi.co.jp

オフィスやコンビニで使うことが多いレーザープリンターですが、こちらはインクを使用しない印刷方法になります。

内部にはドラム状の「感光体」があり電源が入ると静電気が帯電します。帯電したドラムに送られてきたデータをレーザービームで照射すると、照射された部分のみ電圧が下がりますが、その状態でトナーを近づけることによって、電圧の低い部分だけにトナーが移動して文字や絵を再現します。

そこに用紙をあてて、用紙の裏から力を加えて転写しますが、この状態ではまだトナーが用紙の上に載っているだけで定着していないので、最後の仕上げに圧力と熱を加えて用紙に密着させることでプリントが完成します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る