カメラレンズの見方がわからない!自分にピッタリのデジタル一眼レフを選ぼう

スマホのカメラも便利ですが、最近は「デジタル一眼レフ」を持ち歩いてよりきれいな写真をSNSにアップしたり、何気ない日常の景色をカメラに収めて現像したりする楽しみを味わう人も増えています。しかしカメラ初心者にとって専門用語だらけのカタログを見てもちんぷんかんぷんですよね。そこで今回はカメラで一番大切なポイントとなるカメラレンズの見方について詳しくご紹介したいと思います。

デジタル一眼レフとデジタルカメラの違い

出典:www.mybook.co.jp

デジカメは内臓コンピューターを介している

デジカメの場合はレンズを通った光がそのままフィルムの役目をする部分に当たり、それが内臓コンピューターによって液晶画面に映し出されます。

一眼レフは直接なので思い通りの写真が撮れる

一方デジタル一眼レフの場合は、レンズを通った光がまずカメラ内部にある反射鏡に当たり、それをファインダーから覗く画像となります。

液晶画面を見ながら撮るのとは違って、ピントを合わせたり構図を確認したりするのが簡単なので、背景だけをボカしたりするなど思い通りに写真が撮れるという楽しさがありますね。

また一眼レフの場合はカメラレンズが交換できるので、シチュエーションによって使い分けることができますよ。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]