カメラレンズのオーバーホールは必要?大切なカメラを長く使うためのポイント

  • LINEで送る

最近では「カメラ女子」「カメラ男子」というワードがあるように、カメラにハマる人が増えている傾向があります。カメラの世界は思っているよりも奥深いので、センスや技術など磨けば磨くほど良い写真が撮れるようになって楽しさが増していくのでしょう。そんな良い写真を撮るためのカメラは大切に扱って長く使いたいモノですが、皆さんはご自分のカメラレンズをオーバーホールしたことがありますか?

オーバーホールって何?

出典:studio-takumi.com

よく耳にするのは「時計をオーバーホールに出した」という使い方ですが、これは修理という意味とは少し違い、一言でいうと「分解検査」になります。

製品を部品単位に分解して、クリーニングや調節をしてから再度組み立てて新品同様の見た目や性能に近づける作業ですね。

人間でいえば「人間ドッグ」のようなモノで、健康で長生きしたいからこそ人間ドッグを受けますが、時計やカメラ、楽器といった高価な製品や自分にとって思い入れのあるモノも、できるだけ長く使いたいという思いから、定期的にオーバーホールを行う人が多いです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る