ホームシアターのスピーカーは壁掛けがおすすめ!4つの中から合う設置方法を見つけよう

家で手軽に映画館気分を味わうことができるホームシアターは、家にあるテレビと組み合わせて使うことができるため人気の製品です。ホームシアターはスピーカーやサブウーハーなどを設置して音響効果を得るものですが、スピーカーなどを壁掛けにして楽しむ方法もあります。壁掛けにしたときにはどのようなメリットがあるのか、またその他にはどんな設置方法があるのかを確認していきましょう。

ホームシアターについて

出典:www.audio-nodaya.com

部屋を小さな映画館のようにすること

ホームシアターとは、テレビやプロジェクターを使った映像機器に、音声出力に特化したスピーカーなどを取り付けて、部屋を小さな映画館の様にすることをいいます。以前はプロジェクターでの利用に限られており、設備を揃えるために多額の資金が必要でした。しかし現在では価格低下や液晶テレビの大型化などによって手軽に導入することができるようになっています。

ホームシアターは一般的に、リモコン操作を受信する本体と、さらに前後左右などに配置するスピーカー、サブウーハーなどの機器からなりたっていますが、近年ではそのスピーカー機能が本体に内蔵されたコンパクトタイプのホームシアターも販売されています。

ホームシアターのメリット

家で映画を見るときに綺麗な映像と合わせて迫力ある音声を聞くことができ、映画館のような気分を味わうことができるのが最大のメリットです。また映画館では周りのお客さんの迷惑にならないように、飲食や姿勢、笑い声などに気を使う必要がありますが、ホームシアターは家で楽しむものなので、飲食も姿勢も笑い声も自由にすることができるほか、自分のタイミングで一時停止や巻き戻しをすることもできるのです。

ホームシアターのデメリット

ホームシアターを導入することに対するデメリットはありませんが、ホームシアター機器を購入するためにお金がかかります。安いものでは2万円台から買うことができますが、高いものになると10万円を超える商品もあるため、どの程度拘りたいか、どのような製品が欲しいかによって初期費用が異なります。またサブウーハーを使い、重低音を強調させた時に、かなり大きな音を出すと音波が壁に伝わり振動を感じることもあります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]