腕時計とシャツの袖のバランスがいい位置とは?シーンに合わせて腕時計を選ぼう

スーツの袖口から見え隠れする時計ってカッコいいですよね。絶妙な位置にカフスと腕時計が決まっていると、ぴしっとしている感じがして、さり気なくデキル男というイメージを作ります。スーツや時計の広告では、シャツの袖が邪魔にならないように腕時計が見えています。あの微妙な長さ加減はどこを基準に決めたら良いのでしょうか。また、うまく合わせられなかったらどこを調整したら良いのでしょうか。ここでは、シャツの袖口と腕時計の、微妙なバランスをうまく出すにはどうしたら良いかを探ります。

時計と袖のベストな位置関係について

出典:www.ablogtowatch.com

位置関係はとても重要!

スーツ姿で腕時計を確認するポーズ、素敵ですよね。子供には難しい、大人の男の人のスタイルです。

さり気なくこの素敵なスタイルになるのには、シャツやスーツの袖と腕時計の位置関係が大変重要です。では、すっきりスマートにスーツを着こなして、腕時計をさりげなくおしゃれアイテムとして使うには、どうレイアウトすれば良いのでしょうか。

スタイリッシュな広告を参考にしよう

まず、どんな状態が一番カッコいいか確認しましょう。そうでないと、試行錯誤を繰り返して、さり気なく袖口から腕時計がチラッと見えるかっこいい位置を探しても、なかなか決まらないですよね。

スーツの肩を引っ張ってみたり、服を着てから袖の中のシャツを引っ張ってみたりしている人もいるのではないでしょうか。そんな人はポスターやテレビコマーシャルなどを参考にしましょう。腕時計の出て来る広告を良く見ると、スーツとシャツと腕時計の関係が分かります。

動きの中で少し見えるぐらいがベスト

腕時計は腕を下げると隠れ、動きの中でちらちらと見えるのが一番かっこよく見えます。また、腕時計で時間を確認する時には、すっと抵抗なく時計が出て、シャツの袖口も見えています。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]