ガスコンロで流行りのビルトインとは?設置までの手順などを徹底解説

ガスコンロの種類には、据置タイプ、ビルトインなどの種類があり、ビルトインコンロは、システムキッチンに組み込むタイプのガスコンロです。据置タイプのガスコンロは個人でも設置できますが、ビルトインコンロの接続は、有資格者に限られています。見た目もお手入れもしやすいのですが、新たに取り付けたい場合でも、設置条件が限られてきます。ここでは、ビルトインガスコンロの導入の前に確認しておきたい事をお伝えします。

最新のビルトインコンロについて

安全面で優れている

出典:www.g-line.ne.jp

バスコンロの安全基準が2008年から改正され、全口に温度センサーが搭載された”Siセンサーコンロ”が標準になっています。その為、安全面でも優れた機能を果たしています。

グリルに水を使わない

出典:www.sunrefre.jp

以前のグリルは、使用の際に水を張っていましたが、最新のコンロでは、水を張る必要がありません。そのうえ、両面焼きがスタンダードとなっており、食材の裏表を返す必要が無く、短時間で美味しく焼き上げることができます。水を使わないので、使用後のお手入れも楽です。

バーナー周りの

出典:www.mitani-ec.co.jp

バーナーの周りにあった”汁受け”が設置されなくなりました。その為、トップがフラットになり、吹きこぼれてもササッと拭き取るだけの掃除でOKです。”ゴトク”の取り外しがしやすくなっており、汚れの付着しやすい部分も、少ない形状になっています。

便利なコンロ機能

出典:sumainosetsubi.net

タイマー機能がセットした時間で消火され、温度調節機能では、火力を一定の温度で保つ事ができます。この便利な機能が現在では、ほとんどの機種に標準搭載されています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]