腕時計の匂いが気になる!徹底的にイヤな匂いを消す3つの方法

  • LINEで送る

「なんか手元が臭いと思ったら、腕時計が原因だった!」なんてことも結構あります。手首という汗をかきやすい場所に何時間も何日も(手入れをしていない人は何年も・・・)着けているのですから、汚れて匂いが出ても当然と言えば当然なんですよね。匂いを消して、さわやかに腕時計を使うための方法を3つご紹介いたします!

腕時計の匂いの原因について

原因は皮脂などの汚れ!

革や布のバンドだけでなく、金属のバンドやバンドとフェイスの間の金具にまで、皮脂の汚れが入りこんでいます。毎日使った後に丁寧にバンドを拭いている場合でも、金属の結合部分やフェイスとの結合部分、龍頭のスキマなどには汚れや脂、垢などが入りこんでいますので、完全にキレイな状態にはなっていないのです。

また、金属の場合は、酸化して細かなサビが発生し、そのために匂うということもあります。私たちは皆、空気に触れて生活していますので、サビの発生を完全に防ぐことはできませんが、サビをこまめにとることで酸化の進行や匂いを抑えることはできるのです。

革の場合は、細かなシワに細菌やカビが発生して、強烈な匂いを生み出していることもあります。時計を収納する引き出しや棚などに除湿剤を入れるなどしておくと、細菌やカビの繁殖による匂いやシミ(バンドの着色)を防ぐこともできますよ。

出典:pds.exblog.jp

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る