エアコンは部屋の広さで決める!無駄のないエアコン選びをしよう

  • LINEで送る

エアコンはしっかりとかけてるのになんだか寒い!そんな時はもしかしたら部屋の広さとエアコンの性能があっていないのかもしれません。部屋の広さに対して適正ではないエアコンを使っていると、寒すぎたり、暑すぎたりだけではなくほかにもいろいろ問題が出てくるんです。自分の家にはどのようなエアコンがピッタリなのかを調べてみませんか?

エアコンが部屋の広さに合っていないと?

出典:kazuch.com

エアコンが部屋の広さに合っていないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

部屋が広い場合

エアコンの性能に対して部屋が広すぎる場合はなかなか部屋が適温にならないというのが一番のデメリットです。

またエアコンは部屋を適温にする時間に一番電力を使います。その後維持する電力は大したことはないんです。なのでなかなか適温にならないエアコンを使っていると、フルパワーで電力を使っている時間が長くなるので電気代が高くなってしまう可能性もあります。

さらにフルパワーで動かす時間が長ければ長いほどエアコンの寿命が短くなるといわれています。余裕なく常に全力で働かなければいけないのでそうなってしまうのかもしれませんね。

部屋が狭い場合

部屋が狭い場合、よっぽど大きなエアコンをつけない限りは大きなデメリットは無いようです。ただ気になるのはやはり価格の違い。エアコンは性能の違いもありますが、大きい部屋用になればなるほど高くなるもの。

必要もないのに大きなエアコンを買うと、かなりもったいないかとは思います。大きすぎても小さすぎてもいけない、一番丁度良いエアコンの選び方をご紹介します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]