マウスを分解して掃除するには?こまめに掃除をして故障を防ごう!

毎日パソコンを使う人にとって、周辺機器の中でも長時間触れるのがマウスです。 しかし、使っていたマウスの反応が鈍くなったり、マウスポインターが動かなかったりといったトラブルが起きると、思うように作業が進まずに困ってしまいますよね。 マウスは使っているうちに、内部にゴミやホコリが溜まっていくので定期的に中身を掃除しましょう。 また、マウスが動かずに故障が疑われる場合は、分解掃除をする前にチェックしたい項目について紹介します。

マウスが故障してないかをチェック

出典:m.buffalo.jp

毎日当たり前のように使っているマウスが、ある日突然動かなくなったら仕事に支障が出て困ってしまいますよね。この時、マウスを購入してからそこまで年数が経過していない場合は、寿命が原因とは限りません。

マウスを分解掃除する前に、あらかじめチェックしておきたい基本の部分を見てみましょう。

他のマウスを差し込んだ時にカーソルが動くか

まずチェックしたいのが、他のマウスを接続した時にカーソルが動くかどうかという点です。もし問題なく動作するようであれば、使っていたマウスに異常があるので分解してホコリやゴミなどを取り除いてみましょう。

USBケーブル部分にホコリが溜まっていないか

マウスの内部にゴミやホコリが溜まっていなくても、パソコンとの接続部分であるUSBケーブルが汚れていると接触不良の原因となります。この時、マウスの裏面の読み取り部分が光っているかどうかチェックすることで、接続を確認できます。

ホコリやゴミがケーブル部分に溜まっていると、しっかり接続したつもりでも奥深くまで差し込まれていないことで、思うようにマウスが認識されていない可能性があります。また、汚れをそのままにしておくとパソコンそのものの熱によって、発火の恐れがあるのでこまめな掃除を心がけましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]