お米やご飯を冷凍庫で保存しても大丈夫?おいしさを保つ2つのコツ

お米は日本人にとって、欠かせない主食ですよね。 しかし、買ってきたお米はどのように保存すればおいしさが損なわれないかご存知ですか? 一般的に、お米は涼しいところに保存することが良いとされていますが、しまうスペースが冷凍庫しかなかった場合、お米を入れても問題がないか心配ですよね。 今回は、冷凍庫でお米やご飯をおいしく保存する方法についてくわしく紹介いたします。

被害を予防しよう

出典:encrypted-tbn2.gstatic.com

しっかり保存しないと虫の被害が起こる!

お米は保存方法を間違うと、どこからともなく小さな虫が大量に沸いてきて、食べることができなくなってしまいます。この虫を発生させないようにするには、15℃以下の室温のところにお米を保存することがポイントです。

あまり風や光を通さない保存庫や棚を利用して保存している人が多いですが、夏の暑い季節は室温が高くなって、いつの間にか15℃以上の環境にお米が置かれている可能性があります。

いつものようにお米を研ごうと思って、袋を開けたら大量の羽虫がいたらとてもショックですよね。そのため、できれば常に一定の温度を保つことができる空間にお米を保存しておきましょう。

出典:

予防として工夫して保存しよう

夏場でも常に15℃以下の環境になっているところといえば、冷蔵庫ですよね。この時、お米は乾燥しないように密閉できる大きなタッパーや、ペットボトルに入れることをおすすめします。

面倒に感じてしまいますが、せめて梅雨や夏場の時期だけでも袋から移し替えることで虫から被害を受ける可能性を減らすことができます。

冷蔵庫の中にあまりスペースを取りたくない場合は、ジップロックといった密閉できる袋に小分けをして保存しましょう。タッパーやペットボトルよりも場所をとらずにかさばらないため、一度にたくさんのお米を入れることができます。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]