体重計は粗大ゴミ?不燃ゴミ?捨てる方法と注意点まとめ

体重計は毎日の健康維持やダイエットのために多くの人が使っている家電製品です。しかし、長期間使っていると電池を交換してもうまく画面が表示されなかったり、エラー表示が消えなかったりというトラブルが起きてしまう可能性があります。もし体重計に寿命が来てしまった場合、どのような方法で処分すればいいのかご存じでしょうか?今回は、体重計の処分に困っている人に向けて、具体的な処分方法について詳しく紹介いたします。

体重計は粗大ゴミ?不燃ゴミ?

出典:www.town.nagi.okayama.jp

体重計は毎日使っている人も多いですが、一度購入すれば何年も続けての使用ができるため、いざ故障などで処分するとなると、どのように処分する必要があるのかわからない人も多いです。

体重計を捨てる際は、まずは自分が暮らしている地域の自治体がどのように扱っているかを知る必要があります。ほとんどの自治体は「粗大ゴミ」に分類していますが、地域によって「不燃ゴミ」に指定しているところもあるため、まずは自治体に連絡して確認してみましょう。

出典:www.city.kumagaya.lg.jp

粗大ゴミの場合は処分代が含まれている粗大ごみシールを購入する必要があるため、捨てる前に自治体に連絡をして料金などを確認しておいた方が無難と言えます。

今の体重計は、デジタル表示のものが多く、電池が使われている製品が多いです。そのため、電化製品と同じような扱いになっているので粗大ゴミとして出す必要があるのです。正しい方法で体重計を処分しましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]