不要なコーヒーメーカーはどう捨てる?責任持って正しい捨て方で捨てよう

コーヒーメーカーが壊れてしまったり、新しいものに買い替えたりしたとき、不要になったコーヒーメーカーの捨て方に悩んだことがありませんか?コーヒーメーカーは粗大ゴミに出せばいいのか、燃えないゴミでいいのか迷うところです。間違えてゴミを出すとそのまま放置されてしまうこともあるので、近所の人にも迷惑がかかってしまいます。そこで今回は、コーヒーメーカーの捨て方について詳しく解説します。

コーヒーメーカーの捨て方に悩む理由

コーヒーメーカーの捨て方に悩むのは、使用している素材や大きさ、自治体の決まりが異なるからです。

出典:auctions.c.yimg.jp

使用している素材がいろいろある

コーヒーメーカーと一言で言ってもプラスチックボディのものもあれば、金属製のものもあります。コーヒーポットの素材もステンレスやガラス製など様々です。そのため燃えるゴミなのか、燃えないゴミなのか迷ってしまいます。

大きさもいろいろある

コーヒーメーカーは1人用から、一度に10人分も作れるものまであります。1人用のものは非常にコンパクトです。しかし大型のコーヒーメーカーであれば石油ファンヒーター程度の大きさのものまであります。そのため粗大ゴミとして出せばいいのか、普段の燃えるゴミとして出すのか迷ってしまいます。

各自治体で異なる

不要ゴミの捨て方は各自治体で決められた方法に従う必要があります。以前住んでいた自治体では粗大ゴミとして扱われていたものが、引っ越し先の自治体では燃えるゴミとして扱うなんてことは良くあります。そのため特に引っ越ししてまだその自治体のルールを知らない場合は、捨て方にも注意する必要があります。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]