ガスコンロの油汚れがしつこい!落とし方の手順と重曹使いのポイント

  • LINEで送る

固まりになってしまって中々落ちない油汚れ、困ったものです。特にガスコンロ周りは油汚れがたまりがちな場所ですよね。はねて辺りに広がってしまった油の幕、こぼれて固くなった揚げ物のカスなど、気が付くと結構汚れてしまっているものです。ガスコンロの油汚れを落とすには重曹が良いと良く聞きますが、実際使ってみるとそれほど落ちないものです。そんな時には重曹が薄いからかも?ガスコンロ周りをきれいにする手順と、重曹を使う時のポイントをまとめました。

普段のお掃除について

出典:www.rinnai-style.jp

油汚れはためてはいけない

ガスコンロ周りの油汚れは料理のつど拭きって置けばそれほどたまったりしません。でも、ついつい後回しにしがちですよね。それに拭きにくいところもありますし、見えにくいところもあります。気が付いたら「きゃーっ」と悲鳴を上げたいくらいの汚れが溜まっていた、なんてことも。

そうなってしまったらもう大変なのですが、なぜ油汚れというのはあんなに落としにくいのでしょうか。できればためたくありませんよね。

使ったら掃除をするのがベスト

油汚れの一番の対策は、使ったらそのつど掃除することです。ついたばかりなら、油汚れもささっと拭くだけで落ちます。できれば、ガスコンロの外せる部品は外して、スポンジに中性洗剤をふくませて拭き、その後でお湯で洗い流します。

使った時、でなくとも何かルールを決めておいて、そのタイミングで拭くようにするのも良い方法です。例えば、皿洗いが終わったら拭くとか、ラップやホイル、ミカンの皮などを捨てる前にガスコンロを拭く、というルールを作ります。

食洗器を活用する

出典:img1.kakaku.k-img.com

大きな食洗器があればゴトクまで外して洗うこともできます。ゴトクや受け皿、魚焼きグリルなどは食洗器を使うと一気に洗って乾かせます。

全部外して手洗いは大変ですから、食洗器があるお宅ではぜひ活用しましょう。食洗器を使うことを「サボり」と感じる人がいますが、大変な仕事を任せるための機械ですから、どんどん活用しましょう。

また、ガスコンロまで入れてはいけないわよね?という人がいますが、食洗器の中で洗濯物のように回るわけではありませんので、使っても大丈夫です。

バーナーキャップの汚れは歯ブラシで

火が出る部分が目詰まりしていると炎が赤くなったりと不調が出ます。バーナーキャップが詰まらないように、古い歯ブラシや針金で掃除しましょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]