iPhone6sのCPUにアタリハズレがある?気になる調べ方とは!

1535

iPhoneの現行最新機種6s,6sPlusのCPUには2種類あり、それによってアタリとハズレがある事がわかっています。今持っているiPhoneとの付き合い方の参考にするため、簡単に調べる方法を紹介します。

二種類のCPUはサムスン製とTSMC製

出典:www.extremetech.com

現在販売されているAppleのスマートフォン「iPhone」の最新モデルiPhone6sおよびiPhone6s Plusには、同じiPhoneでありながら中枢であるCPU(中央演算装置)が異なる二つのモデルがあります。

外観上では違いはありませんが、一方のCPUは韓国のサムスン製、一方は台湾のTSMC製です。並べてみるとサムスン製がTSMCよりわずかに小さい程度なのですが、その仕様も僅かに異なります。公式にはどちらも「A9」と呼ばれるCPUなのですが、サムスン製はAPL0898、TSMC製はAPL1022と型番も異なるのです。

なぜ2つのCPUが存在するのか

出典:websetnet.com

このように同じ「A9」でありながら2つのCPUが存在する理由には、iPhoneの販売台数の問題があります。世の全てのAndroidやWindows Phone製品と、単独で市場を二分しているAppleのiPhoneは単一製品としては、世界で最も販売台数の多いスマートフォンである事は間違いありません。