どうしようガスコンロがガス臭い!原因やガスの特性を解説

ガスコンロが臭い時、ガスが漏れている場合があります。ガス漏れの対処の仕方は都市ガスとLPガスでは違うので、間違えないようにしましょう。都市ガスは軽いので上に溜まり、LPガスは重いので下に溜まります。ガス臭いと思ったらすぐに窓を開け、火気を避け、ガス会社に連絡しましょう。また買いたてのガスコンロでは少しの間ガス臭い場合があります。心配がない場合と、ガスコンロがガスの種類とあっていない場合がありますので確認しましょう。

本当は無臭なガスが臭い理由

出典:www.drwallet.jp

危険なので臭いをつけている

元々ガスは色も臭いもなく、ガス漏れしても分からないものなのです。そこで、ガス漏れがしたらすぐ分かるように、臭いが後から付けられています。「ガスくさいにおい」は実は後付けの「ガスっぽいイメージの臭い」なのですね。少しのガス漏れでも分かるように、強い臭いにしてあります。

ガスを吸い込んだら危険?

昔のガスは吸い込むと危険だったのですが、現在のガスは種類が違っているので、危険性が減っています。ですから、ガス漏れしているガスを少し吸ってもすぐには体に危険はありません。

ガス漏れ以外の原因もある

ガス台を使っている時、なかなか点火しない時があります。そんな時にはガスが出ていても火が付かないのでガス臭く感じます。連続してカチカチしていると急にバッと大きく燃えることがあるので、少し待って、ガスが散ってからもう一度しましょう。あまりにも点きが悪い場合は、点火用の電池を交換してみましょう。

その他の原因としては、レバーを押し過ぎということもありますし、点火プラグの汚れが原因の場合もあります。ガスの火がきれいに揃っていない場合、ガス台が汚れて目詰まりしている、古くて一部が欠けている、などが原因の場合もあります。

また、ガス機器とガスの種類が合わない時もガス臭くなります。ガスの種類は13A、12Aというように数字と英文字で表されます。買いたてのガスコンロがガス臭い場合には、使っているガスとコンロがあっているか確認しましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]