プロジェクターの「輝度」とは?用途に合った選び方

  • LINEで送る

プロジェクターを選ぶ時には「どのくらい明るいか」は重要なポイントです。目安になるのは輝度ですが、輝度?ルーメン?と言われてもピンときませんよね。明るさってルクスじゃなかったっけ?という方もきっといることでしょう。ここでは、プロジェクターの投影の明るさを示す輝度についてとその単位のルーメン、輝度と照度の関係、用途に合わせた輝度はどのくらいか、といったことを順に解説して行きます。プロジェクター選びの参考になさって下さいね。

プロジェクターの輝度は、ルーメンという単位を使う明るさの度合い

出典:www.digitalavmagazine.com

プロジェクターの輝度って何だろう

プロジェクターの輝度というのは、どのくらいの明るさで映像を送り出せるか、というプロジェクターのいわばパワーの目安です。暗くて狭い部屋で使うのなら、それほどのパワーは要りませんが、明るくて広い場所で使うのなら大出力でなければスクリーンにはっきりした像を写すことはできません。

輝度はプロジェクター選びに役立つ数字

プロジェクターを選ぶ際には、輝度、投射タイプ、解像度、コントラスト比、機能などいくつものチェックポイントがあります。その中でも輝度は、プロジェクターを使用する部屋の広さに関わる単位なので、ビジネス用か家庭用かといった用途に合わせた選択の目安になる、分かりやすい指標になります。

輝度の単位はルーメン

輝度というのはどのくらいの明るさで映像を送り出すかという数字です。光の束がどのくらい出ているかということを数字に直したものです。数字が大きくなるほど送り出す光の束が多くなるので、大きな部屋で使う時にはできるだけ数字が大きなプロジェクターを使います。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る