電動歯ブラシのランニングコストはどれくらい?重要なのは替えブラシ!

電動歯ブラシは愛用者にとっては手放せないものになっています。その一方で導入しようか迷っている、導入し始めたけれど電動歯ブラシ自体のコストも掛かったから今後いくらコストがかかるのだろう、と思っている方に向けて、電動歯ブラシのランニングコストについて調べてみました。

電動歯ブラシとは?

出典:www.hisa-dental.com

電動歯ブラシの幅広いラインナップ

電動歯ブラシは、電気の力を利用してブラッシングや音波を発することで、普通の歯ブラシで歯を磨くよりも容易に歯垢除去ができるものです。

歯ブラシは毎日使うものでありますが、一人一人口の中の環境が異なり、それぞれ異なる悩みを抱えています。このようなことから、電動歯ブラシは消費者の幅広いニーズに応じた幅広い商品ラインナップがなされています。

充電式?電池式?

電動歯ブラシは、充電式か電池式かどちらかになります。充電式ならば電気代、電池式ならば電池代、充電電池を利用するならば電気代が一定程度必要になります。

本体の耐久性

電動歯ブラシは電化製品の一種ですから、故障が原因で使用できなくなることがあります。耐久性がいい電動歯ブラシは多少高価であっても長期間使用できます。これに対して耐久性があまりよくない安価な電動歯ブラシは、買い替えのスパンが短くなるため、結果的にコストが掛かってしまうこともあります。

見えざるコスト

出典:www.sukagawa-dc.com

電動歯ブラシも、モノによっては歯肉炎を改善したり、歯垢を取りやすくして虫歯予防になったりします。歯科で治療するには治療費が掛かります。保険の範囲内での治療だけでなくセラミックの交換などという自費治療の場合10万円単位で掛かります。定期検査や歯石取りなどで定期的に歯科へ通うだけの場合の治療費と比べて雲泥の差になります。

きちんと電動歯ブラシを活用して、歯や歯茎の健康を保つことができれば、それに勝る利益はないですよね。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]