ゴム製の電動歯ブラシは歯を痛める!?使用に注意が必要な理由

毎日の歯のお手入れ、あなたは何を使っていますか。普通の歯ブラシではなく、時短やよりきれいに口の中を洗浄したいという目的から、電動歯ブラシをお使いの方も多いと思います。画一的に美しく磨けるので歯医者さんからもおすすめされたりしますよね。そんな電動歯ブラシですが、電動歯ブラシでもゴム製の電動歯ブラシは使い方次第で歯を痛める危険性があるんです。その理由をご説明しましょう。

ゴム製の電動歯ブラシは歯を削りすぎる!?

ゴム製の電動歯ブラシのよさといえば、やはりブラシ状の電動歯ブラシよりも「汚れがより落ちること」です。

ブラシ状の電動歯ブラシよりもゴムの方が汚れとの摩擦が大きいため、少しの接触でしっかりと汚れを取ってくれることが魅力です。ただ、逆に言えば、「摩擦したものを研磨しすぎる」危険性があるということです。

出典:kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp

つまり、歯が本来持っていなければならないエナメル質を過剰に研磨しすぎてしまい、結果的に歯を痛める原因を作ってしまうことも多々あり得るのです。

歯医者さんでは、ゴム製の電動歯ブラシを使っていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。でもよく歯科界隈で言われるのは「ゴム製の電動歯ブラシは熟練した歯科医でも取り扱いが難しい」ということ。歯科衛生士などには到底任せられない、という歯科医も多いです。

出典:livedoor.blogimg.jp

というのも、やはりゴム製の電動歯ブラシは摩擦が大きいため、どこまで力をいれるべきか、どこは重点的に磨くべきかなど、歯の構造や汚れのたまり具合を適切に認識できる人でなければ取り扱いすべきでないというわけです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]